LAKERS

【NBA】レイカーズ VS ブレイザーズ(2020.12.29) ~出だし絶好調も、控えのトレントJrに7本の3Pを決められ敗北!~

レイ24
レイ24
レイ24です♪

本日は、ブレイザーズと対戦♪

VS ブレイザーズ

スターター

画像引用:nba.com
画像引用:nba.com

ADが復活♪

1クォーター

14-5のランで素晴らしい立ち上がりを魅せるレイカーズ。チームの14得点の内9得点はレブロンによるものでした。

ブレイザーズのタイムアウト後もレイカーズの勢いは止まりません。KCPの連続3Pで20-7と更にリードを広げます。

そこから一時2点差まで詰め寄られますが、ベンチ陣が奮起し、30-22と8点リードでクォーターを終えます。

レブロンはこのクォーター8分の出場で、FGが5-6で12P 3R 3A 2Sと超絶なパフォーマンスを披露しました。

画像引用:nba.com

 

2クォーター

  1. レブロン
  2. マシューズ
  3. クズマ
  4. モリス
  5. ハレル

でスタート。

0-9のランをくらい、30-31と一気に逆転されてしまいます。

トレントJrに躍動されてしまいました。トレントjrは前半だけで、3P4本含む16得点の活躍。

しかし、レイカーズ側も負けじとTHTが躍動。このクォーターだけで6得点の活躍。

画像引用:nba.com

54-58と逆転されたまま、前半を折り返します。

ADは2P 4Rとかなり静かでした。

 

3クォーター

最初こそリラードに3Pを決まられるも、レイカーズはそこから15-0のランで一気に逆転し、69-61でブレイザーズがたまらずタイムアウト。特にシュルーダーがリラードに対して闘争心むき出しで、得点を着々と重ねていきます。

そこからリラードの反撃にあった後、両チーム少々バタバタしたバスケを展開し、73-71で2点リードとなったところでレイカーズがタイムアウト。

明け後、ここまで静かだったADがようやく復調し、このクォーターだけで9得点。85-84と逆転し、最終クォーターを迎えます。

画像引用:nba.com

 

4クォーター

  1. THT
  2. マシューズ
  3. レブロン
  4. クズマ
  5. ハレル

でスタート。

またまたトレントJrに躍動され、開始4分間で4本の3Pを決められ、91-96の5点ビハインドとなったところでレイカーズがタイムアウト。

明け後に、レブロンが連続で得点を重ねると、ハレルのアンドワンで再度逆転。

画像引用:nba.com

がしかし、レイカーズキラーのリラードがクラッチタイムの強さをこの日も発揮し、107-115で負けてしまいました。

 

チームスタッツ

チーム スタッツ
  FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF Pts
Lakers 41-86 10-26 15-18 6 35 41 21 14 6 5 14 107
  47.7% 38.5% 83.3%  
Blazers 43-92 16-46 13-15 7 37 44 27 9 9 7 16 115
  46.7% 34.8% 86.7%  

トレントJrに3Pを7本も決められて、28得点の活躍をされました。トレントが凄すぎたのもありますが、レイカーズが好き放題打たせすぎました。

リラードはFGが10-16で31P 4R 5Aの活躍。

マカラムはFGが7-22で20得点と良く守れていましたが、アシストを11個やられました。

昨シーズンのプレイオフでは、アリーザが不在だったこともあり、レブロンのストッパーが居なかったのですが、今シーズンは、デリック・ジョーンズJrやコビントン、フットの復帰でサイズのあるウィング選手をブレイザーズは揃えることが出来ました。今日は、レブロンがブロックされることが多くみられ、苦戦を強いれました。流石に対策をうたれています。

そして遂に第3クォーター終了時点でリードしていたら、57-0だった無敵神話が崩壊しました。残念!

これで2-2と勝率5割。まだ4試合しかやっていませんが、観ていてかなり伸び代のあるチームだと思っています。各選手がフィットし、ケガさえなければ、間違いなく開幕時の昨シーズン以上に優勝の確率は高いでしょう。わくわくものです。

個人スタッツ

レブロン・ジェームズ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
35:55 11-20 3-7 4-5 2 7 9 6 3 2 1 2 0 29

1クォーターからエンジン全開だったレブロン。

後半は少し失速しましたが、それでも29P 9R 6A 2S 1Bと立派な数字。今シーズンのブレイザーズとの対戦は、昨シーズンと違いサイズのあるウィング選手が集まったことで苦戦を強いられることになりそうです。

アンソニー・デイビス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
37:49 6-14 0-0 1-2 1 9 10 5 3 1 0 1 5 13

足のケガの影響なのか、第3クォーター以外は沈黙してしまいました。

 

カイル・クズマ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
23:09 2-9 2-8 0-0 0 0 0 0 2 0 1 3 -23 6

ブロックが上手くなっている!ファウルは取られたものの、惜しいレブロンブロックがありました。しかし、今日は欲しいところで中々3Pが決まらず。

次は頼んだぞ!クーーズ!!

 

デニス・シュルーダー

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
36:18 8-16 1-2 7-7 0 4 4 4 2 1 0 3 8 24

個の力で得点出来るのはありがたい。今日は24得点とオフェンスが停滞している時間帯をシュルーダーで繋げることが出来ました。頼もしい限りです♪

画像引用:nba.com

 

KCP

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
28:33 5-9 4-5 0-0 0 1 1 0 3 0 0 0 11 14

ぶれずに安定した活躍をしてくれます。マカラムを良く止めてくれました。

 

ウェスリー・マシューズ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
15:19 1-3 0-2 0-0 0 1 1 3 0 0 0 1 -16 2

 

モンテレズ・ハレル

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
27:16 3-5 0-0 3-3 2 4 6 1 1 0 0 1 -20 9

今日はオフェンスで余りボールが貰えず、連続2桁得点は止まりました。

ルーズボールへのハッスルは、他の選手へ良い影響を与えてくれます。

そして何よりオフェンスファウル貰うの上手すぎです(笑)

画像引用:nba.com

 

マルク・ガソル

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
19:21 2-4 0-1 0-1 1 6 7 0 0 1 2 2 14 4

前の試合の活躍で、ADが居ない方がマルクはやりやすいのかと不安でしたが(笑)

今日は今までで一番スタートのメンバーが上手くプレイ出来たのではないかと思います。

今日はスタートメンバーの中に誰一人±でマイナスが居ませんでした。

 

マーキーフ・モリス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
6:45 0-1 0-0 0-0 0 1 1 1 0 0 1 1 -10 0

 

アレックス・カルーソ

お休み。

 

THT

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
9:35 3-6 0-2 0-0 0 2 2 0 0 1 0 0 -9 6

2クォーターにレイカーズの流れが悪い中、連続得点で繋げてくれました。

 

試合結果詳細

次の対戦はスパーズ

次は12/31にサンアントニオ・スパーズと対戦です。

 

レイ24
レイ24
以上、レイ24でした♪

ご訪問ありがとうございました♪

ABOUT ME
レイ24
30代前半サラリーマン/40歳FIRE目標マン/楽天ユーザー/資産運用/倹約家/NBA(Lakers)ファン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。