NBA

【NBA】WCF GAME5 レイカーズ VS ナゲッツ(2020.9.27) ~祝!レイカーズが西のチャンピオンに!キング・レブロンここにあり!~

レイ24
レイ24
レイ24です♪

本日は、GAME5♪

VS ナゲッツ

スターター

画像引用:nba.com

ケガの具合が心配されるADはスタメン出場。

ハワードもマギーに代わり引き続きスタメン。

 

1クォーター

序盤から両チームターンオーバーが続きます。

5分間でお互い3個ずつターンオーバーを犯しました。

ナゲッツにリードを許しながらも、ヨキッチとハリスに2回ずつファウルさせ、早々とベンチに下げることに成功。

残り5分でレブロンに代わり、ロンドが登場すると早速3Pを沈めます。この後も更に1本沈めます。

ファストブレイクが多く、特にカルーソがこのクォーター8得点。

ADが2個目のファウルでベンチに下がるも、33-30と3点リードでクォーターを終えます。

このクォーターだけでレイカーズは、9本のアシストを記録しました。

画像引用:nba.com

2クォーター

  1. レブロン
  2. カルーソ
  3. クズマ
  4. モリス
  5. マギー

でスタート。

マギーがいらないジャンプシュートとオフェンスファウルをしてしまいます。

又、ディフェンスでもヨキッチに連続で得点され、開始2分でベンチへ。

その後、ドワイトが登場すると、カルーソがヨキッチに好ディフェンスを披露し、見事にオフェンスファウルを誘い、3つ目のファウルとなったヨキッチはベンチに。

レイカーズは11点リードまで広げることに成功。

4分半でADとロンドが登場すると、いきなりアリウープ。

しかし、ADが早々に3個目のファウルをしてしまい、ベンチへ。

ナゲッツは、マレーの個人技で食いついてきます。

レブロンは前半だけで16P 7R 6Aと活躍。

61-51の10点リードで前半を折り返します。

画像引用:nba.com

3クォーター

後半開始からたたみかけるレイカーズ。

70-56となったところでナゲッツがタイムアウト。

途中、ハワードのボックスアウトがフラグラント・ファウルを取られてしまいます。

全く故意では無かったのですが、そこからナゲッツが流れを掴み、一気にリードが無くなります。

クォーター終了間際に、モリスが決められた後のスローインで、不本意なパスをしてしまい、遂に同点に。

しかしADが3Pを決め返し、87-84と辛うじてリードを保ち、最終クォーターへ。

画像引用:nba.com

4クォーター

  1. カルーソ
  2. ダニー
  3. レブロン
  4. クズマ
  5. モリス

でスタート。

最初のオフェンスで、クズマが3Pを決めると、フィジカルお化けのレブロンが連続でバスカンを沈め、7点リードまで広げます。

ADが3Pを沈めて10点リードとなったところで、ナゲッツがタイムアウト。

タイムアウト後、ナゲッツがジワリジワリと差を縮め、4点差に。

しかしここで百戦錬磨のダニーがチームを救う3Pを沈め、更にレブロンがミドルシュートを決め、9点差に。

最後はキング・レブロンが試合を締める圧巻のパフォーマンスで、レイカーズが西の王者になり、見事ファイナルへの切符を手にしました♪

画像引用:nba.com

妻
おめでとう♪

画像引用:nba.com

 

チームスタッツ

チーム スタッツ
  FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF Pts
Lakers 42-77 9-24 24-29 5 38 43 24 13 6 8 26 117
  54.5% 37.5% 82.8%        
Nuggets 38-90 8-30 23-26 9 27 36 23 11 5 2 25 107
  42.2% 26.7% 88.5%  

西の王者になりましたーーー♪

画像引用:nba.com

今日で終わらせるという気持ちがプレイに表れていました。特にレブロンが序盤から素晴らしいパフォーマンス。

レイカーズは、フリースローも含めシュートを高確率で沈めました。

ヨキッチには今日もファウルトラブルで苦しめることに成功。

又、前試合で大活躍したマレーも19得点に抑えることに成功。この二人を同時に止めることは難しいと思っていましたが、見事に抑えてくれました♪

ナゲッツはとても素晴らしいチームでした。レイカーズの選手を倒してしまうと手を指し伸ばしてくれたり、差を広げても広げても点を縮めてきたり。4-1とシリーズを制しましたが、ナゲッツ側が勝ってもおかしくない試合が多々ありました。

まだまだ若いチーム。これから数年、西の上位に君臨しそうです・・・

特にヨキッチとマレーのコンビが脅威。

マレーはケガ気味だったと思いますが、気迫のこもったプレーでレイカーズを苦しめました。まだ若手が居た時のレイカーズに煽りまくっていたマレーはどこにいったのでしょうか(笑)このシリーズでファンになってしまいました。

マレーはこのプレイオフ、26.5P 4.8R 6.6A FG:50.5% 3P:45.3% FT:89.7%を記録しています。

レイ24
レイ24
スタッツだけ見たらカリー

ファイナルまで全て4-1で勝利。結果だけ見れば、同じ4-1ですが、ナゲッツ戦は心に余裕がありませんでした。

レイ24
レイ24
最高の戦いをありがとう。ナゲッツ。

画像引用:nba.com

 

個人スタッツ

レブロン・ジェームズ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
40:01 15-25 1-4 7-8 3 13 16 10 2 1 0 2 12 38

38P 16R 10Aのトリプルダブルで圧巻のパフォーマンスを披露♪

序盤から今日でシリーズを終わらせるという気迫のプレーを感じました。

ディフェンスでは、早い段階からマレーにマークし、その度に抑えてくれました。

締めのパフォーマンスは圧巻!

キング・ジェームズここにあり!!!!

画像引用:nba.com

 

アンソニー・デイビス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
34:43 8-16 2-4 9-9 0 5 5 3 1 2 1 3 -1 27

痛みをおしての出場でしたが、攻守において活躍♪

今日でシリーズを終わらせることが出来て良かったです。これでしばらくADを休ませることが出来ます♪

ADにとって初めてのファイナル!躍動してくれ♪

 

カイル・クズマ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
20:44 3-7 1-3 1-1 0 3 3 1 0 0 1 3 0 8

クズマは初のプレイオフで、いきなりファイナル進出♪

このプレイオフ期間中でも見事に成長しています。ファイナルでの活躍が益々楽しみです♪

 

ダニー・グリーン

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
28:06 3-7 2-4 3-4 0 0 0 2 0 0 2 1 6 11

序盤に、ハワードのアリウープが決まってかその後気分を良くし、少し暴走しました(笑)

しかし、終盤にいぶし銀な活躍。オフェンスでは、良いところで3Pを沈め、ディフェンスでは、プラムリーのダンクをブロックしました。ダニーは度々驚くようなブロックを魅せてくれます。4クォーターにはヨキッチもブロックしました♪

ファイナルの大舞台でも素晴らしい活躍をしてくれることでしょう。

 

ジャベルギ・マギー

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
2:15 0-1 0-0 0-0 0 1 1 0 1 0 0 2 -2 0

ヨキッチに完全にカモにされました(笑)

 

ドワイト・ハワード

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
35:08 3-4 0-0 3-6 2 7 9 0 2 0 2 5 12 9
画像引用:nba.com

今日は35分も出場し、ヨキッチを抑えてくれました♪このプレイタイムにもかかわらずファウルアウトしなかったのが素晴らしいです。久しぶりの30分越えじゃないでしょうか。

オフェンスでもポジション取りが上手い。入れたら必ずファウルを貰えるので、いいところでポジション取っていたらしっかり入れてあげたいですね。

フリースローが入るかは別として(笑)

 

ハワードが居てくれて本当に良かった。

画像引用:スラムダンク

 

KCP

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
26:21 1-2 0-1 0-0 0 1 1 0 1 2 0 5 5 2
画像引用:nba.com

今日も縦横無尽に走ってくれました。

珍しく、シュートを2本しか打つ機会がありませんでした。

 

アレックス・カルーソ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
25:39 5-7 0-1 1-1 0 2 2 4 3 1 1 2 16 11

ファストブレイクからの得点。カットからの得点とイージーバスケットに繋げてくれました♪

今日はチーム1の±で+16です♪

 

マーキーフ・モリス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
14:13 1-3 1-3 0-0 0 3 3 0 2 0 1 1 6 3
画像引用:nba.com

 

レイジョン・ロンド

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
12:49 3-5 2-4 0-0 0 3 3 4 1 0 0 2 -4 8

3Pの確率がプレイオフになって上がっています。

4クオーターは、高さに対してディフェンスに難があるため出場しませんでした。

ヴォーゲルの判断も又素晴らしい。

 

ディオン・ウェイターズ

出場無し。

 

クイン・クック

出場無し。

 

ジャレット・ダドリー

出場無し。

 

JR.スミス

出場無し。

とにかく動きがおもしろすぎです(笑)

 

 

 

試合結果詳細

次の対戦は、ヒート or セルティックス

次の対戦は、ヒートとセルティックスの勝者です。

久しぶりのファイナル♪

思う存分楽しみます♪

 

レイ24
レイ24
以上、レイ24でした♪

ご訪問ありがとうございました♪

ABOUT ME
レイ24
20代後半サラリーマン/NBA(Lakers)ファン/楽天ユーザー/資産運用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。