NBA

【NBA】プレイオフ第2R GAME1  レイカーズ VS ロケッツ(2020.9.5) ~復帰戦でロンドを長くプレイさせたヴォーゲル!初戦はボールムーブが停滞し敗戦!~

レイ24
レイ24
レイ24です♪

今日からレイカーズの第2ラウンドが開幕♪

VS ロケッツ

スターター

画像引用:nba.rakuten.co.jp

スタートは変わらず。

 

1クォーター

7-0と素晴らしい入りだし。

しかし、じわりじわりと詰め寄られてて12-12となったところでタイムアウト。

オープンのスリーを打たせることが多かったです。

残り5分位でロンドがお久しぶりの登場。

いきなりターンオーバーをしたので心配しましたが、徐々にロンドらしさを出し、28-29と1点ビハインドでクォーターを終えます。

画像引用:nba.com

 

2クォーター

2連続で3Pを決められ、一気に7点差。

ADで攻めるも、カッターが居ないのでボールが全然動きません。

終始ロケッツのペースに合わせてしまい、55-63の8点ビハインドで前半を終えます。

ハーデンには前半だけで、25得点もされてしまいました。その内、フリースローは9点です。もらうのがやはり上手い。

又、ロケッツには3P 9本を43%の高確率で決められました。

画像引用:nba.com

 

3クォーター

前半よりディフェンスのローテが良くなり、オフェンス・ディフェンス共に高さのリーチを活かし始めます。

が最初だけで、79-85の6点ビハインドで最終クォーターへ。

画像引用:nba.com

 

4クォーター

3-12のランを決められ、一気に15点ビハインドに。

ディフェンスがまるっきり機能せず、オフェンスも停滞。

終盤にウェイターズを出してみるも、時すでに遅し。

97-112でボコられました。

画像引用:nba.com

 

チームスタッツ

チーム スタッツ
  FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF Pts
Lakers 35-83 11-38 16-19 10 31 41 18 15 8 9 20 97
  42.2% 28.9% 84.2%  
Rockets 39-81 14-39 20-27 4 37 41 19 14 13 3 19 112
  48.1% 35.9% 74.1%        

中々ひどい試合でした。

高さで有利なはずなのにリバウドをポロポロ取られました。リバウンドは41-41と互角です。

画像引用:スラムダンク

レイ24
レイ24
ブロックこそ多いけれども

ブレイザーズとのシリーズでは、チーム全体で平均26本もあったアシストが今日は18本しかありません。ロンド復帰の影響だけではないとは思いますが、ボールムーブが悪かったです。

ディフェンスでは、ハーデンに36得点取られ、FGは12-20と効率良く決められました。ウェストブルックには、24P 9R 6Aと活躍されています。

又、オープンのスリーを多く打たせてしまったゴードンには、23P得点。

そして、縁の下の力持ち・タッカーにADが抑えられてしまいました。あんだけフィジカルにプレイして、今シーズン一回も休んでいないのは、ほんと凄いと思います。しかも35歳・・・鉄人です・・・

ロケッツのスタイルに呑まれてしまっています。何とか自分たちのペースに持っていかなければ。

画像引用:スラムダンク

 

個人スタッツ

レブロン・ジェームズ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
36:34 7-15 2-7 4-5 1 7 8 7 4 0 2 2 -15 20

チェイスダウンの後にアンドワンを沈めた時は、思わず笑っちゃうくらい凄かったです(笑)

 

更には強烈なダンクもお見舞い。

画像引用:nba.com
画像引用:nba.com

まだまだ理不尽さを魅せつけて欲しいです。

 

アンソニー・デイビス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
37:16 10-16 1-2 4-4 2 12 14 1 3 3 3 2 -6 25

数字で見ると抑えられているように感じませんが、タッカーにはボールを入れさせてもらうことすら出来ませんでした。

タッカーは、ほんと素晴らしいディフェンスをしていましたが、ナチュラルポジションでは無い選手にここまで封じられてはいけません。

画像引用:スラムダンク

 

カイル・クズマ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
27:45 3-9 1-4 1-2 1 1 2 1 0 0 0 4 -21 8

ロンドとの相性は相変わらず悪かったです。

 

ダニー・グリーン

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
27:45 3-9 1-4 1-2 1 1 2 1 0 0 0 4 -21 8

 

 

ジャベルギ・マギー

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
12:39 2-2 0-0 0-0 1 2 3 1 0 0 1 0 5 4

マギーは無効化されていたはずなんですが、チームトップの±で+5でした(笑)

 

ドワイト・ハワード

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
11:09 0-1 0-0 1-2 1 3 4 0 0 1 0 2 -8 1

 

 

KCP

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
28:04 2-8 1-5 0-0 1 2 3 0 1 1 0 1 -4 5

 

 

アレックス・カルーソ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
15:47 4-7 2-5 4-4 2 0 2 4 2 1 0 5 -2 14

ファウルトラブルに苦しみました。

 

マーキーフ・モリス

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
9:10 0-1 0-1 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 -10 0

 

 

レイジョン・ロンド

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
24:07 3-9 2-5 0-0 0 3 3 4 4 2 1 1 -10 8

久しぶりに復帰したロンド。

レブロン、クズマとの相性は相変わらず良くありません。

スター選手ならまだしも、バルブで一回もプレイしていなく、プレイオフのカンファレンスセミファイナル初戦が復帰戦のロールプレイヤーに、24分も出場させてしまうのは、ヴォーゲルの起用に疑問を感じました。

カルーソがファウルトラブルだったとは言え、いくら何でも長すぎです。

ヴォーゲルは本当に素晴らしいコーチなのですが、シーズン中からロンドの起用法には疑問符です。

ブレイザーズのシリーズでは、ウェイターズを出さないで、スミスを起用し続けたのもありますし、ガード陣の起用法には今一つ意図がわかりません。

画像引用:スラムダンク

 

ディオン・ウェイターズ

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
4:39 0-3 0-2 2-2 0 0 0 0 0 0 1 1 -1 2
画像引用:スラムダンク

 

 

クイン・クック

出番なし。

 

ジャレット・ダドリー

Min FG 3pt FT Off Def Reb Ast TO Stl Blk PF +/- Pts
2:20 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0

 

 

JR.スミス

出番なし。

 

試合結果詳細

次の対戦は9/7(月)!

まだ1戦目が終わったばかり!

次戦では、必ず修正してくれると信じています。

画像引用:スラムダンク

 

ポイントポイントでロンドを起用するのはいいと思いますが、今日見たいに長くプレイさせてしまうとこの先も厳しそうです。

レイ24
レイ24
ロンド好きなのに、こんなに批判的になっている自分に泣く

レイ24
レイ24
以上、レイ24でした♪

ご訪問ありがとうございました♪

ABOUT ME
レイ24
20代後半サラリーマン/NBA(Lakers)ファン/楽天ユーザー/資産運用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。